2~4用

相手の形を当てろ!推理ゲーム『YOMEN(ヨメン)』を紹介

今回はボードゲーム『YOMEN(ヨメン)』を紹介するぞ!

『YOMEN(ヨメン)』は『ラブレター』も出している幻冬舎の作品で相手との駆け引きを楽しむ推理型ボードゲームだ!

こんな人におすすめ

・駆け引き好きな方
・2人だけで遊ぶのを探している方

・商品名…………『YOMEN(ヨメン)』
・プレイ人数……2人用
・プレイ時間……15分以上
・対象年齢………8歳以上
・販売元…………株式会社 幻冬舎

 

ヨメンってどんなゲーム?

ヨメンは相手のブロックの形を質問しながら予想するゲーム。

具体的には交互に質問してそれに応じて自分の手元にあるブロックを相手の隠しているブロックと同じ形にするということだ。

下記の図みたいになるぞ!

タヌキツネ
タヌキツネ
もっと詳しくはルールまでぶっとびだぜ!

ヨメンの内容物

・ブロック……12個
・シート………4枚
・ついたて……2枚
・説明書………1枚

 

 

ゲームの準備

ゲームの準備は3つになります。

・お互いにシート2枚とブロックを
6つ
取ります。

・先行と後攻を決めたら、
相手と色違いのブロックを二人とも
ついたてで隠した状態でシートの上で置きます。

・ブロックは組み合わせて置いても、離しても置いても大丈夫です。

下記の状態で準備OKです。

*注意事項

・高さを下から「下段」「中段」「上段」と呼ぶのですが
ブロックを一段におさめたり、4段以上にしたりしたらダメです。

・ブロックの下に空間ができる不安定な置き方はダメです。

ヨメンの遊び方

ルールは2つの質問と答え方の一つで終わりです。

質問の種類には「側面からの景色」と
「上面からの景色」の2種類があります。

側面からの質問
→周りのアルファベットA~Lから1か所選び
その方向から見える景色を質問します。
例)

たぬき
たぬき
Hから見える景色をおしえて!
下段が黒、中段が黄、上段がなしだよ。
きつね
きつね

こんな感じに会話をしていき答えを導きます。
ただし、側面の景色は質問した人も答えます。

上面からの質問
→上記と同じく1~9の9マスから1か所を選び
その方向から見える景色を質問します。
例)

たぬき
たぬき
4からの景色おしえて~
黒で中段だよ~
きつね
きつね

上面の景色は質問された人だけが答えます。

この二つの質問を駆使して答えを導きましょう。

勝敗
→勝敗は二通り決まるパターンがあります。

一つ目は相手のブロックの置き方が当たった時
二つ目は答えを発表して2回間違えた時

この二点が唯一勝敗を決めるパターンです。

レビュー

今回は面白いポイントとルールを紹介してみました。

『YOMEN(ヨメン)』はブロックを置いてそれを当てるだけの簡単なゲームに見えるのですが実際にやってみるとかなり難しいです。

コツはすべて離しておくのではなくある程度接する形の置き方をすれば全く訳が分かりまくなります。

どうぞ皆さんも試してみてください。